松下調布会関西とは

関西地区に在住し、又は関西地区に主たる勤務地を置く松下グループに勤務もしくは 以前に勤務した電気通信大学OBで構成する同窓会。平成8年に設立されました。

2016年度役員

会長

副会長

幹事

 

 

 

 

 

事務局長

副事務局長

顧問

吉田  純

南  典政

嶋田 恭博

神高  勲

森   仁

橋口 淳平

井関 宏介

石川  保

美濃 規央

大木  滋

宮脇  清

野々村欣造


会則

                                 (H8.11.29制定)
                  「松下調布会関西」会則

            第1章 総    則
(名称)
第1条 この会の名称を松下調布会関西(仮称。以下「本会」という)と称する。

(目的)
第2条 本会は会員相互の親睦を図ることを目的とし、併せて目黒会事業の推進支援を目的とする。

(事務局)
第3条  本会は事務局を事務局長の勤務地又は所在地に設置する。

                        第2章 役員及び会員
(役員)
第4条 本会には下記の役員を置く。
(1)会長        1名 
(2)副会長              若干名
(3)事務局長            1名
(4)副事務局長     若干名
(5)幹事                若干名

(役員の選任)
第5条 会長及び副会長は幹事の互選により、幹事は拠点毎に若干名、会員の推薦により選任する。

(役員の職務)
第6条 役員の職務は次のとおりとする。
(1)会長は本会を代表して会務を総理する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長に支障ある時はその職務を代行する。
(3)事務局長は本会の運営を補佐し、会計事務、庶務事項等の事務を副事務局長および幹事と分担して行う。
(4)幹事は本会の予算、決算、会則の改廃手続き及び会長、副会長並びに会員の諮問する事項を審議する。

(顧問)
第7条 本会は顧問を置くことができる。
  2 顧問は役員会の推挙したものを会長が委嘱する。
  3 顧問は本会の目的の達成に寄与し、会長の諮問に応ずる。

(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
  2 役員に欠員を生じた場合は速やかに補充する。
    3 任期途中で補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会員の範囲)
第9条 本会の会員は関西地区に在住し、又は関西地区に主たる勤務地を置く松下グループに勤務
    もしくは以前に勤務した電気通信大学OBとする。

                        第3章 会    議
(総会)
第10条 総会は本会の会員で構成される最高機関であって下記に掲げる事項を審議し決議する。
(1)前年度事業報告及び収支決算
(2)今年度運営計画
(3)会則の変更
(4)解散
      2 総会は毎年1回会長が招集する。但し、必要なときは臨時にこれを招集することができる。

(役員会)
第11条 役員会は会長、副会長、事務局長、副事務局長及び幹事をもって組織する。
   2 役員会は本会の運営にあたる。
   3 役員会は必要に応じ会長が招集する。

(役員会の議決)
第12条 役員会の議決は出席役員の多数決による。

            第4章 会    計
(経常費及び会費)
第13条 本会の経常費は会員よりの会費及び寄付金をもってこれにあてる。
      2 会費は年会費1,000円とする。但し、必要に応じ役員会の議決により臨時会費を集める
     ことができる。
   3 年度会費は前年度末迄に各拠点の幹事に納入するものとする。 

(会計年度)
第14条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。

                        第5章 附    則

第15条 本会の運営に必要な事項でこの会則以外の事項は役員会の議決を経て会長が別に定める。

第16条 本会設立の際における役員は設立発起人会において選出し、総会の承認を受けるものとする。

第17条 この会則は平成8年11月29日より実施する。